オーストラリア

ほりさんのシドニー滞在記1

2019/11/05

2018年5月11日

将来、世界でスポーツ栄養士として、活躍していくために。

そして、様々なことを吸収するため、シドニーへ旅立ちました。

 

現地では、コミュニケーション能力(語学力)の向上と、

ラグビーやフットボールを通して、

オーストラリアのスポーツ栄養を学びたいと思っています。

 

また、普段の生活を通して、

現地での食文化や生活週間を体感したいと思っています。

羽田空港

 

シドニー到着

8時間のフライトを経て、無事にシドニーに到着。

最初の難関は、空港の入国審査。

 

シドニーは、世界でも検疫のチェックが厳しい国のひとつ。

様々な日本のお菓子を持ってきた、ほりいはビクビク。

正直者は罰せられずという噂を聞いて、

しっかりと入国カードに申請して、いざ検疫するおじさんの元へ。

 

 

おじさんに

「何を持っているんだ?」

ほりい

「日本のお菓子を持ってきた」

おじさん

「生のフルーツは持っていないか?」

ほりい

「NO」

おじさん

「わかったよ。もう行っていいよ。」

 

スーツケースを開けて、チェックするかなと思ったけど、

意外とすんなりOKでした。

 

ひと安心もつかの間、

出口には、たくましい犬を連れたクールなお姉さん。

 

おねえさん

「本当に肉は持っていないか?」

ほりい

「お菓子だけです」

おねえさん

「Ok. Have a nice trip」

 

こうして、無事に入国。

自然を守るために、オーストラリアへは、

肉・魚・卵・生の食材やフルーツ・乳製品の

持ち込みができません。

その他にも、いろいろな食べ物の持ち込みが、禁止されています。

 

ただ、火を完全に通し、しっかり商品として包装されているお菓子などは

卵を使っていても持ち込むことは可能なようです。

 

申告せずに、抜きうちで検疫の検査に引っかかり、

食べ物を持ち込んでいることがばれると、220$の罰金。

または、捕まることもあるので、正直に申告した方が絶対にいいですよ。

 

申告しても、特に時間はかかりません。

こうして、無事に入国を認められ、オーストラリアの地に降り立ったほりい。

意気揚々と乗り込んだものの、薄着のほりい。

完全に服装を間違った。

 

どうやら、こっちはもう冬に入るみたい。

勝手に冬でも暖かいと思っていた。

水着をしまわなければ・・・

 

シドニー

 

最初にお世話になる街 Chatswood

最初の1ヶ月は、ホームステイ。

Sandraさんの元でお世話になります。

 

とても、親切でごはんもおいしい。

素晴らしい家庭に迎えられました。

 

オーストラリアでは、広い庭付きの家が普通のようで、

大きな庭とBBQセット、釜があります。

もちろん、Sandraさんのお家にもあります。

 

父さんがたまに、ピザを焼いてくれるとのこと。

楽しみ楽しみ。

 

これから、Sandraさんの家で、ドイツからの留学生Umurと

日本から来たKeitaと猫ちゃん2匹としばらく生活します。

 

Thank you for having me at your home.

 

アジア人が多いChatswood

今住んでる街は、アジア人が多い地域。

街のいたるところに、中華料理屋さんやアジア料理屋さん。

sushiの文字もちらほら。

そして、まさかの丸亀製麺。笑

まるかめ

 

味も日本とほぼ同じ。

メニューは、日本には無いとんこつベースの汁のものや

海鮮丼などがありました。

 

ぶかっけ温玉うどんがあれば十分。

こうして、初日の昼ごはんは、まさかのうどん。

出国前最後のごはんも空港のつるとんたん。

ありがとう日本食。

 

街には他にも、無印やダイソー。

アジア食品を扱うスーパーがたくさん。

日本の調味料はもちろん、カップ麺、お菓子など

ほぼ日本と変わらない生活ができそうです。

 

今度はゆっくりスーパーの食材を観察してきます。

楽しみ楽しみ。

 

そして、チャイナタウンでは、まさかの久留米とんこつラーメン。

とんこつラーメン

 

ラーメン屋さんは街にもちらほら。比較的値段は高め。

このラーメンで10$(日本円で約830円くらい)

そこまで高くなく、しかも味もおいしい。

日本で食べるのと本当に変わらない。

 

寿司だけでなく、照り焼きや牛丼、焼き鳥などを取り扱うお店も

Chatswoodには多いみたいです。

Let's try.

 

これで、おいしい味噌汁に出会えたら最高。

焼き魚定食などはまだ、普及していないみたい。

おいしいお米と味噌汁。

和食のよさも少しずつ伝えられるといいな。

早く、英語ペラペラになりたい。

 

また、シドニーでの生活や食文化などを少しづつ紹介していきます。

オーストラリア ラグビー

とてもかっこいい。

なんとか選手と話できないかな。

 

ティンカーベル

ティンカーベルこれからもよろしくね。
ほりさんのシドニー滞在記2 - ほりさんの食選択応援Blog

-オーストラリア