雑記

人生2回目のファスティング。 果たして結果は?

2019/05/29

みなさん、こんにちは。

5月の下旬ですが、半袖でもいいくらい暑い日が続いていますね。

食欲などはいかがでしょうか?

 

私の食欲は底知れず。

帰国後もおいしいものを食べて、呑んで。

そして、GWでも実家の富山に帰り、食べて、呑んで。

お腹周りの肉がちょっと増えてきたこの頃。泣

 

体脂肪率が、高校卒業以降、史上最高値を記録。

ちょっと悲しくなったので、少し体を絞ろうと、もう1度食生活を見直しました。

 

呑みに行く回数が増えて、呑んだ時、その体のどこに入るのかというくらい食べ過ぎるのが原因のひとつ。

もう1度、量と頻度と時間を普段の生活から調整。

 

そして、運動量も増やし、トレーニングも再開。

IMG_9645

福岡スーパートレーナーさんに指導していただいています。

 

生活リズムも乱れがちだし、この際、体も1回きれいにして、休ませるか。

ということで、興味本位で再び、3日間のミネラルファスティングを行ってみました。

1回目は、確か3年前くらいにやりました。

さて、その時と違いはあるのでしょうか?

 

人生2回目のファステイング。

1回目は、完全に興味本位で自分の体で実験してみるかという感じで、ミネラルファステイングを行いました。

今回も、「ファステイングって効果はあるのかな?」

「前回と何か違いはあるのかな?」など

時間もあるし、腸も休まるだろう。

とりあえずやってみようか。

といった感じで、3日間のミネラルファステイングを行いました。

 

前回と同じマナ酵素。

今回のファステイングも前回と同じ要領で行いました。

3日間のファステイングといっても、準備期間に2日間。

回復期に3日間かかるので、約1週間の時間をかけて、行います。

 

今回も、前回と同様「マナ酵素」というドリンクを使いました。

 

IMG_9621

ファスティング期間中の3日間でこのドリンクを1本分、飲みます。

原液のままだとかなり甘いので、水で薄めて飲んでました。

また、このドリンク以外にも、水を1.5ℓから2ℓ飲んでました。

 

味の方は、前回とあまり変わってないと思いますが、前回より飲みやすい気がしました。

他の酵素ドリンクは飲んだことがないので、比較はできませんが、

個人的にマナ酵素は飲みやすいのではないかと思います。

 

まだまだ余裕のある準備期。

ファステイングを行う2日前から準備期間に入ります。

ファステイングを成功させるためにも、そして、効果を最大限発揮する上でも、

準備期間は大切だと前回、専門家の方に教えていただきました。

 

この期間は、動物性の食品や砂糖、添加物・刺激物をなるべく避けた食事を心がけます。

大豆製品・きのこ・海藻・野菜・果物中心の消化の良い食事食物繊維をたっぷりと摂取します。

IMG_9585

豆腐とネギ・えのきを昆布だしを使い、土鍋で煮込んだもの。

 

IMG_9593

アスパラの味噌汁。

 

普段主菜は、肉・魚が中心になりますが、豆腐や野菜、きのこ・海藻中心の食事でも大変満足できました。

もともと、味噌汁が大好物で、普段から具沢山の味噌汁を中心とした生活をしています。

なので、主菜以外は準備期間でも特に普段と変わらない食生活です。

 

強いて、困ることをあげるとすれば、大好きなコーヒーを飲めなかったことです。

あとは、1週間くらい、肉・魚を食べることができないのかとほんのちょっとだけ、寂しい気持ちになりました。

食べることができるってやはり幸せなこと

感謝・感謝。ありがとうございます。

 

感謝の心

 

いよいよドリンクだけの3日間。

準備期が終わり、いよいよファステイング期に入りました。

よく、「3日間も何も食べないって信じられない。」

「私には、絶対無理だ。」と思う方も多く、いらっしゃいますが、

特に2日目・3日目は驚くほど、お腹が空きません。(私だけでしょうか?)

 

なので、この期間に関しては、全くつらくありませんでした。

しかし、食べものの匂いには敏感になるので、お店の前を通過するときなどは、

やっぱり早く、肉とか魚を食べたいなという気持ちにはなりました。

 

エネルギーはやはり足りてないのかな。

お腹も空かず、体調も良好。

体重や体脂肪も落ち、睡眠もいい感じ。

好転反応で、気分が悪くなる方もいらっしゃるみたいですが、私はそういうことも一切なく、順調でした。

 

しかし、エネルギーは足りてないなと感じることがしばしば。

この3日間も、普通に運動も行い、3日目には大好きな岩盤浴に行きました。

 

2日目に、自転車でバッティングセンターに出かけました。

その道の途中に長い上り坂があるのですが、そこを通過している途中に、足に異変。

 

いつもなら止まらずに、こぎ続けることができるのに・・・

今回は坂の半分くらいで足に一切力が入らず、前になかなか進みませんでした。

 

「いやーエネルギー足りてないな。ふらふらだ。」とこの時に、少し実感しました。

当たり前ですが、運動前にはやはり、エネルギー源は大切ですね。

 

この期間は、あまり負荷のかかる運動は避けたほうが良さそうです。

 

エネルギー不足

 

実は一番辛い? 回復期の3日間。

いよいよファステイング期を終え、回復期に突入。

「食べることができる!」と、

前日の寝る前からウキウキで、そして朝もテンションが異常に高かったです。

 

しかし、食べることができるからといって、回復期にすぐに普通の食事には戻せません。

 

腸がずっと休んでいたので、食べる時は少しづつ、液体から、柔らかめの食事。

そして、固形物と形状を変化させていきます。

 

この回復期で動物性の食品は避けたほうが無難。

たんぱく質を消化する際に、人によっては負担が大きすぎて、胃痛や胸焼けを起こす可能性があるようです。

 

最初は重湯から始まり、具なしの味噌汁

そして、おかゆ野菜を柔らかく煮た離乳食のようなものから食べ進めていく方が多いみたいです。

私は、今回の1食目は、大根を昆布の出汁で煮込んだものからはじめました。

IMG_9633

写真がブレブレですね。笑 申し訳ございません。

なんとなく、雰囲気は伝わるでしょうか?

 

いろんな情報を参考に、今回大根の煮た物からはじめてみました。

味付けもなし。

 

なのに、なぜだろう。

びっくりするくらい、おいしい。

大根てこんなにおいしかったっけ? と一人で感動していました。

 

1食目からあまり食べ過ぎはよくないとわかっていながらも、大根が止まりませんでした。

その後もこの煮込んだ大根味噌汁を中心に回復期を進めていきました。

3日目からは、いよいよ豆腐を使い、夜には納豆なども食べました。

慎重に回復期を進めていったということもありましたが、なんの問題もなく体調もばっちり。

 

前回は調子に乗って回復期3日目にラーメンを食べに行きました。

まぁ体調は最悪。

吐き気がとまりませんでした。

あの時の惨劇が今回は生かされました。

 

今回の回復期はうまく進めることができたと思います。

やはり、ファステイング前に比べると、胃が小さくなっているのか、

ゆっくり食べることも意識したおかげなのか、

お腹はすぐにいっぱいになりました。

 

食欲がありすぎてつらい。

準備期・ファステイング期に比べて、回復期が1番つらかったです。

なぜならば、食べたいものがたくさんあるのに、食べることができないからです。

もう少しの我慢。もう少しの我慢。

特に3日目は大変でした。

 

この期間は、ずっとyoutubeで食べたいもののレシピ動画を見たり、

行きたいお店をpick upして手帳に書き込んでいました。

そして、1週間分の献立を考えては、早く食べたいとうずうずしていました。

コーヒーもとにかく我慢。

 

忍耐力が試されているんだと自分に言い聞かせ、まるで修行僧のような日々でした。

しばらくファステイングはやらなくていいや。笑

我慢

次回、今回のファステイングで感じたことや体の変化をもう少し、詳しく紹介したいと思います。

人生2回目のファステイングを終えて。 - ほりさんの食選択応援Blog

-雑記