雑記

もの凄い鯖 〜感動的なおいしさ〜

2019/11/05

先日、テレビを見ていて気になった食べ物。

その名も「もの凄い鯖」

思ったら即行動。

ということで、

「もの凄い鯖」を食べることができる

「鯖なのに。」さんに行ってきました。

 

日本人でよかった。もの凄いおいしい鯖

もの凄い鯖

 

こちらが「鯖なのに。」さんの鯖の塩焼き定食。

昼はこのメニューのみ。

 

  • ごはん
  • 鯖の塩焼き
  • モロヘイヤとしいたけの味噌汁
  • じゃがいもとかぼちゃの和え物

 

1汁3菜のとてもバランスのとれた献立。

さかな・まめ・やさい・海藻・いも

1食で食べることができます。

 

そして、いよいよ待ちに待った「もの凄い鯖」

 

鯖 塩焼き

 

今までに食べた鯖料理でも、トップクラスのおいしさ。

そして、鯖の塩焼きだけで言えばもちろんNO.1。

 

外はこんがり。

中はジューシー。

干物の魚で、こんなにジューシーな魚は食べたことがありませんでした。

 

そして、鯖の持つ脂のおいしさ。

しつこくなく、ほのかに甘みも感じるほど。

もうごはんが止まらない。笑

 

もちろん鯖もおいしのですが、

お米やお味噌汁など周りを彩る料理もすばらしい。

味噌汁にはモロヘイヤ・しいたけ・たまねぎ。

 

副菜にはじゃがいもとかぼちゃの和え物。

その中は、枝豆・ひじきと栄養面もすばらしい。

おいしくて必要な栄養素もバッチリ。

また、通いたくなる。

そのような、すばらしい時間を過ごしました。

 

「もの凄い鯖」

茨城の越田商店さんの「もの凄い鯖」

調べてみると、おいしさの秘密と

様々なこだわりが見えてきました。

 

こちらの鯖に使われている漬け汁は、

なんと完全無添加

防腐剤・着色料・保存料を一切使用せず、

創業当時から継ぎ足しで使っているこだわりの漬け汁

 

話によると、この漬け汁には、様々な特殊な微生物が含まれており、

ミャンマーや南イタリアから取り寄せるような菌が含まれていたとのこと。

まさに、自然界が生み出す神秘的なおいしさ。

 

干物業界において、

無添加で勝負していくということは、想像以上に大変なこと。

 

それでも、無添加で勝負していく。

信念と強いこだわりに尊敬。

 

安心・安全で、もちろんすべて手作り

これだけおいしい食べ物を作っていただいていることに感謝。

 

 

その他、品質を常に一定に保つために、

鯖はノルウェー産のものを使っておられます。

脂肪分が多く、おいしさのピークの時期に収穫されたもので、

品質が安定しているのが特徴です。

 

今回は、こちらのCoLocal(コロカル)さんの記事を参考にさせていただきました。

その他「もの凄い鯖」のおいしさの秘密を

もっと知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。
茨城県波崎〈越田商店〉の〈ものすごい鯖〉は何がすごい?|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する

こちらの記事でも、先日見たテレビでも感じたこと。

越田商店さんのみなさんの人柄の良さ。(まだお会いしたことはありませんが・・・)

感謝の気持ちは常に忘れてはならない。

改めてそのように感じさせていただきました。

 

科学的な根拠はありませんが、

料理には、必ず生産者・調理者の方の気持ちや人柄がにじみ出ると思っています。

そして、その気持ちがおいしさや活力に繋がっていると考えます。

そういった気持ちを忘れずに、私も食事からサポートしていきます。

 

今度、直接「もの凄い鯖」を買いに行こう。

みなさんもぜひ、「もの凄い鯖」を食べてみてください。

 

 

体にも大切。すばらしい鯖の栄養素

鯖

 

みなさんも、すでにご存知だと思いますが、

鯖にはすばらしい栄養素がたくさん含まれています。

 

まずはじめに、DHA・EPA

n-3系いわれる不飽和脂肪酸

鯖などの青魚に多く含まれます。

 

このDHA・EPAは、

血液中の中性脂肪の減少LDLコレステロールの減少

の効果があるとされています。

 

また、高血圧や脳卒中などの発症リスクの低下など

生活習慣病予防の強い味方になります。

その他、認知症の予防にも、効果があると注目されています。

 

血管の健康のためにも、

このような質の良い脂は、積極的にとっていきたい。

鯖缶などからも摂取できるので、

日々の生活に取り入れていきましょう。

 

他にも、鯖には、抗酸化作用が高いセレンが豊富で

アンチエイジングにもよし。

ビタミンDも豊富で、骨の健康にもよし。

骨の強化には、鯖ときのこのスープがおすすめです。

 

みなさん日常生活に鯖を。

青魚は、不足しがちです。

意識して、献立に取り入れていきましょう。

 

また、おいしいものをみなさんにも紹介していきたいと思います。

お楽しみに。

 

 

 

 

-雑記