スポーツ栄養 食事

画期的!! 高タンパクめん①

2019/11/01

先日のsportec2017でも展示されていた高タンパクめん。

今回、初めて実際に購入し、食べてみました。

 

高タンパクめん

 

高タンパクめんってなんだ?

高タンパクめん。

名前からして、タンパク質はたくさん入っていることは簡単に想像できる。

 

しかし、どのようにしてタンパク質を麺に練り込んだのか?

そして、味はどうなんだろう?

ということで気になったので、買って食べてみました。

 

原料はなんだろう?

調べてみると、主な原料は米・えんどう豆・ばれいしょでん粉・コーンスターチでした。

高タンパクの秘密は、えんどう豆の植物性タンパク質が使われていることでした。

 

さらに、製造会社のケンミン食品さんは、ビーフンなど麺類を中心として展開されています。

独自の製麺技術を集結し、食べやすい風味・コシや弾力を大切に作っています。

高タンパクめん2

乾麺のタイプで1袋に300g入っています。

見た目は細いパスタのようで、よくお酒のおつまみで出てくる、揚げパスタのような見た目です。

 

いったいどれだけのタンパク質が入っているのか?

気になるタンパク質量。

なんと、100gでタンパク質が23.2g。

 

高タンパクめん成分

高タンパクめんのパッケージ裏を参考。

同じめんで比べても、うどん・中華麺・スパゲッティに比べ、

2倍以上も多くタンパク質が入っていました。

 

タンパク質いえば・・・

鶏のささみとイメージされる方も多いと思いますが、

鶏のささみのタンパク質量は100g23.0g

なんと、鶏のささみと同じ量のタンパク質が

高タンパクめん100gに入っていました。

 

さらにBCAAも配合

このめんには、タンパク質だけでなく、

必須アミノ酸でもあるBCAAが100g中に4000mg配合されています。

 

BCAAとはバリン・ロイシン・イソロイシンという必須アミノ酸のことで、

分岐鎖アミノ酸とも言われます。

 

BCAAを摂取することで、筋肉の分解を抑制してくれる効果が期待され、

筋肉の超回復に役立つと言われています。

 

また、その他にも高タンパクめんにはアルギニンも100g中に1.6g入っています。

アルギニンは、成長ホルモンの合成促進・疲労回復・活力アップの効果があると言われています。

食べものでは、肉類・魚介類・大豆製品などに含まれています。

特にエビやマグロ・大豆製品に多く含まれています。

なかなか、画期的な商品ですね。

 

気になるお味の方は?

さて、タンパク質やBCAAなどが豊富で画期的な商品ですが、

気になるのは何と言っても味。

 

どんなに良い商品でも、美味しく食べることができなければ、おすすめはできない。

やはり、食事は食べてもらってなんぼ

 

食事は楽しいものである。

 

どんな目的でもそれは、変わらない。

体を作っていく上でも、大切なこと。

その上でも選手の嗜好や美味しさはとても大切なポイントのひとつだと考えています。

 

コシもあり、そのままでも美味しく食べられる。

めん

まずは、冷たくめんつゆにつけて、そうめんのように食べてみました。

とても、めんに弾力があります。

味の方も、変なクセもなく、美味しくいただけました。

 

冷たいまま、めんつゆや具だくさんにして、

冷やし中華のようにしても美味しくいただけそうです。

 

また、ラーメンのように温かいめんとしても、炒めて焼きそばにも。

そして、パスタソースと絡めても美味しくいただけそうです。

アレンジ次第でいろいろな使い方ができそうです。

 

なかなか、便利な高タンパクめん。

次回、高タンパクめんのアレンジレシピとともに、高タンパクめんのメリットを紹介します。

お楽しみに!!
画期的 高タンパクめん② 〜こんな方におすすめ〜 - ほりさんの食選択応援Blog

 

 

 

-スポーツ栄養, 食事